大学生のプチ革命にっき

ごくごく普通の、今の時代において超・安定志向の学生が、日々のプチ革命を綴ります。

クリスマスイブに感じた、コンビニのプチ革命

今日はクリスマスイブ。

 

街はライトアップされ、カップルで溢れます。

恋人がいない人は、一年で一番カップルを恨む日なのではないでしょうか。

そんな12月24日ですが、コンビニに行ったらプチ革命を感じたので、シェアします。

 

コンビニは、季節ものも超充実のラインナップ

f:id:motoki-jpn:20171224195926p:plain

ホットスナックコーナーには、豊富なチキン。

そしてクリスマスなのでローストチキンも特別価格で販売。

 

そして、いつもお弁当が並んでいる棚にはケーキがたくさん。

1人用のケーキもあれば、皆で食べれるホールケーキも売ってました。

 

 

コンビニで揃わないものはないなと感じました。

ここまでコンビニは便利になったのかと。

 

日本という国において、もうコンビニは切っても切り離せない1つの文化になっているなぁと実感しました。

(海外も広がったら便利そう・・・)

 

僕は、ケーキはケーキ屋さんで、

チキンならケンタッキーやスーパーで買うイメージがありました。

 

しかし、コンビニを少し観察していると

思った以上に皆チキンを買っていました。

ケーキに関しては前もって予約しており、当日取りにきていた人も。

 

コンビニで買いたい!というニーズがあることに驚きです。

 

「ケーキ屋さんや、スーパーで買うほどではないけれど、ちょっぴりクリスマス気分を味わいたい」というニーズがあるのでしょうか。

 

ここで、このコンビニのプチ革命を少し僕なりに考えてみました。

 

今は当たり前に皆が持っているスマホに理、

たくさんの情報が手に入るようになり、ほしいものはすぐに届く世の中になりました。

 

だからこそ、消費者は「待てない」ようになったのかもしれません。

 

また、最近はプチ贅沢というカルチャーが流行っているそう。

これは、特別な日はちょっぴり贅沢するというニーズです。

 

“手軽に、その日の気分を味わう”ことがキーワードなのかもしれない。

 

だから、コンビニでケーキやチキンを買う人がたくさんいるのかなと思いました。

 

時代の変化を垣間見た1日でした。