大学生のプチ革命にっき

ごくごく普通の、今の時代において超・安定志向の学生が、日々のプチ革命を綴ります。

自分1人でできなくたって、別にいい。

僕は、社会に触れ始めた頃から漠然と「どんな環境でも活躍できる人材になりたい」と思っていました。

例えば、もし思い立って海外でカフェを立てたいと思った時でも、ちゃんと1人で成功させられるような力をつけたいなぁって。

 

今日は、最近気づいた、自分の不器用で微笑ましいなと思った面を紹介します。

もしかしたら成長意欲が高い人ほど陥りやすいのかもしれません。

 

1人で生きていくことへの憧れ

f:id:motoki-jpn:20171127234609j:plain

「好きなことだけで生きていく」というのが最近よく言われています。

キンコンの西野さんはもちろん、ホリエモンの本でも出てますし、最近だと、はあちゅう や ゆうこす とかが僕の中では熱いです。

 

僕は、そんな人になりたいなぁって感じます。

いわゆるYoutuberや、ブロガーのような人たち。この人たちは、1人で自立して、肩書きにとらわれず自分の力で生きている(ように見えるだけかもしれません)。

僕も、自分の強みをフルに生かして、人の心を動かせる人になりたいなぁと思っています。

 

最近、楽しいはずの仕事に追われて、いつの間にかしんどくなっていた

僕はどうせ一回きりの人生ならたくさん挑戦したいと思っているので、残り少ない大学生活を超充実させたいとおもっているので、たくさんプロジェクトを持っています。

 

けどその反面、最近なんだかしんどいなぁと感じることが増えました。

なんだか窮屈だし、責任が重く感じてしまう。

本当は全て自分がやりたいこと。だから楽しいはずなのに・・・。

 

なんでだろうと考えた結果、

「一つ一つを、いかに少ない時間で上手くタスクをこなすか」ということに意識が向いているなと気づきました。

 

自分1人でできなくたって、別にいい。

なぜその意識がしんどさに繋がっているのでしょうか。

最近生産性という言葉が出回っているように、本来世の中的には良いことなはずです。

自分の深い部分と対話してみました。

すると、そこには、

「1人でなんでもこなさなきゃ!」

と思っていた自分がいました。

だから、責任も感じるししんどいんだろうなって。

 

けれど、

ー自分の叶えたい理想って、1人で達成しないといけないんだっけ?ー

 

そう問い直しました。

 

もちろん、プロ意識って大事だし、自分1人でやれた方がそりゃいいかもしれない。

 

ただ、自分1人でできることは限られている

なのに「自分1人で生きていきたい!」

という想いが強すぎて、

身の丈の合わないことをしようとしていたんだな。

 

そう気づきました。

 

ゆっくりでいい。

 

完璧じゃなくて別にいい。

自分らしくいればいい。

時には周りも頼ろうよ。

 

そう思えた1日でした。

f:id:motoki-jpn:20171127235343j:plain