大学生のプチ革命にっき

ごくごく普通の、今の時代において超・安定志向の学生が、日々のプチ革命を綴ります。

留学生のリアル就活体験談

10月12日に行われた、留学生に日本の就活事情を伝えるイベント「キャロウィン」

 

今回はそのイベントの後半である、就活のプロ坂東と、2018年卒の2名の留学生内定者とのトークセッションです。

 

前回記事はこちら

就活のプロが考える、日本の留学生のリアル事情 - 超・安定志向の学生のプチ革命にっき



 

留学生の日本企業の内定者とトークセッション

 

f:id:motoki-jpn:20171016155725j:plain

京都大学言語学科で、飲食系に行くインド人のマヌくんと、

九州産業大学で証券会社に行く中国人のトニーくん!

 

 

そしてマヌくんは京都からSkypeで参加

 

なぜ2人がそのキャリアを選んだのか、その真相に迫ります。

 

マヌくんの就職体験談 

f:id:motoki-jpn:20171016164628j:plain

◯マヌくんはなぜ飲食業界を選んだのか?

最初は先輩にオススメされて商社を見たりしていたが、

最終的には飲食の会社に就職を決めました。

 なぜなら、ずっと日本食に興味があったからです。

安定を選べば教師という道もあったが、

今は、やりたいことを後回しせず、若いうちにやりたいことをしたいと思いました。

将来的にはもちろん教育にも携わりたいですが、

40歳になっても僕は教師になれる自信があるので、まずは食に携わろうと思いました。

 

ちなみに僕の周りを見ていると、他の留学生は外資系を選ぶことが多いように感じました。

外資系の人は外国人の採用も慣れているため、面接しやすいというのが理由です。

ただ、せっかく日本で就職するなら日本企業に行った方が、日本の経営の仕方や組織風土も学べるのでいいと思っています。

 

日本の就活では、自分の専門とか関係なく、行きたい会社を選べることが多いので、能力があって学ぶ気持ちがあったら、取ってくれると思います。

 

トニーくんの就職体験談

f:id:motoki-jpn:20171016164644j:plain

◯トニーくんはなぜ証券会社を選んだのか?

最初は日本で就職するかどうかを迷っていて

院一年生の夏休みに日本で働くことはどんなものなのかを知るためにインターンシップに行きました。

そこで、日本は時間の制約などルールが多いと思いました。中国はもっとフランクで結果主義です。

それに加えて、上下関係も感じた。社員の距離感もかなりあるなぁと感じました。

 最初はこんな環境で自分に合うか迷ったが、

冬になって、世界どこでも難しさはあるので、日本で就職することに決めました。

 

なぜ金融業界を選んだかというと、

両親が株をやっていて、幼い頃から金融には触れていたのがきっかけでずっと金融には興味があり、就職先も仕事でお金に関する仕事をしたいと思い選びました。

ちなみに、勤務地はあまりこだわりませんでした。

勤務地はこだわらないと言った方が最後選ばれるときに優先して取ってもらえると思ったからです。

 

色々な人事と話しましたが、外国人を採用するネックは、2つあるらしいです。

一つは、母国に帰る可能性があること

面接でも将来のビジョンはなんですか?いつ帰国するんですか?といった、「将来のこと」をよく聞かれました。

もう一つは、コミュニケーション面。

日本人だったら話さなくてもわかるが、外国人はストレートに言わないと分からなかったり。日本らしいコミュニケーションが取れないのがネックらしいです。 

 

 

最後に後輩たちにアドバイスを!

マヌくんf:id:motoki-jpn:20171016160942j:plain

まずは、自分がこういうことをやりたい!だったり、絶対に必要な条件はこれ!という自分の軸を決めることが大事だと思います。いろんな業界があるが、とりあえず見ていけば、どんなことがやりたいかも見えてきます。

先輩に言われたからここに行くとか、大きいから行くとかで行動していると、だんだん疲れてきます。

そうじゃなくて、自分の好きなことを追求したほうが、就活は楽しいと思います!

 

また、直感もすごく大事です。

会社に行って、ここいいな!と恋したようになった企業は運命の出会いかもしれませんよ。

 

トニーくん

f:id:motoki-jpn:20171013181410j:plain

一つは、

早めに準備した方がいいということです。

3月1日になったら、一斉に皆がエントリーし始めるから、その前までに動いた方がいいです。 

そして、二つ目は、

一番行きたいところは、最初に受けるな!ということです。

理由は、一番行きたいところはちゃんと練習をして、しっかりと参加した方がいいからです。テスト慣れや、面接慣れしているかどうかが大事だと思っています。

そして、最後は「情熱」です。

「自分がいかに日本で働きたいと思っているか」ということはアピールした方がいいです!

新入社員はその会社にとって新しいパワーなので、ぜひ情熱は押し出して行ってほしいです。

 

f:id:motoki-jpn:20171013181608j:plain

 

 

一足早いハロウィン気分で、学びあり楽しさありの、素敵な会となりました♪

 今後も定期的に留学生向けのイベントは開いて行くそうです!