超・安定志向の学生のプチ革命にっき

ごくごく普通の、今の時代において超・安定志向の学生が、日々のプチ革命を綴ります。

Perfection "経営者のマインドセット"

f:id:motoki-jpn:20161229023950j:plain

ご無沙汰しています。インドに長期インターン中のHiroです!

 

2016年も残りわずか。

最近は、

「仕事を完璧にやり遂げること」

「お金を使うのではなく、稼ぐ」

ということを特に意識しています。

 

 

どちらも今の自分に足りていないことです。

 

あとこのインターンも残り二ヶ月を切り、いよいよラストスパート。どれだけ今以上に追い込めるかが試されています。

 

くぅ・・・

 

俗世から乖離しているため、日本で何か耳寄りな情報などあればください。笑

 

 

 

仕事を"完璧"にすること

 

"仕事を完璧にすることはそんなに難しいことはない"

弊社の経営者はよく口にします。

 

--------------------

もちろん人間だから、ミスしてしまうこともある。だけど、パーフェクトにしようと思ったら最後の一歩をふんばるだけだから、さほど難しいことではない。

 

ただ、多くの人があとその僅かな一歩をやらない。

 

例えば自分が席を離れるときに椅子を戻すことや、資料作成後の最後の精読。

 

これらのことは、少しの踏ん張りで達成できるが、みんな面倒臭がってやらない。

 

けど、仕事というのは常にパーフェクトじゃないと意味がない。

 

なぜなら自分がする仕事だから。自分のする仕事にプライドがあるから。

--------------------

 

日々経営者に叱られますが、その中で特に印象に残っている言葉です。

 

ただ膨大な業務をこなすだけで精一杯になってしまっていますが、

「パーフェクトにこなす」

これを常に意識し、残りの期間やり抜きます。

 

 I'm a perfect human. と自信を持って言えるように。

 

お金を使うのではなく、"稼ぐ"

 

本当にお金を稼ぐことの難しさを痛感しております。

 

自分の仕事をお金に換算した時に、どれだけの価値があるか。

 

この疑問を自分に投げかけ、常に鼓舞しています。

 

「よく学生は、出費の方ばかりを考えて、回収することを考えない。」

 

と言われて、まさに自分もその通りだと思いました。

 

マーケティングで、ビラを作製したり、試作でテキストを作ったり、教材を新しく作ってコピーしたり、それこそ家賃や電気代を使ったりと、どこにお金を使おうかと、気づけば「お金を使うこと」ばかりしています。

 

しかし実際にお金を会社に入れることは本当に難しく、なかなか自分が会社に負担してもらってる費用を、そのまま会社に入れられていないのが現状です。

 

お金を稼ぐという感覚が薄い。

 

これがすべての根源だと思います。

 

今までお金を使ってきてしかないため、ある意味当たり前なのかもしれませんが・・・

 

 

例えば、ビラを巻いたら生徒を次の月にきちんと入れるだとか、質の高い授業をして新しい生徒を入れるだとか、いくらでも選択肢はあります。

 

とにかくなんとか工夫して、ただ投資するだけではなくお金を稼げるように。

 

まずは消費する立場から脱出して、自分のValueでお金を稼げる立場になって帰国します。

 

 

P.S. こんな感じで最近やってるので、普段は平均9時に起きて3時に寝る生活が、3時を過ぎてしまうことがよくあります。

やってもやっても終わらないこの過酷な環境ももうすぐ終わってしまうので、噛み締めながら日々を過ごします。笑

 

 

f:id:motoki-jpn:20161229024306j:plain

最後に、相変わらず汚い空気と馬 。

では

ナマステー