大学生のプチ革命にっき

ごくごく普通の、今の時代において超・安定志向の学生が、日々のプチ革命を綴ります。

僕のおもう組織論①〜STARSの3つのこだわり〜

今年の5月から、STARSというキャリア支援団体を立ち上げ、大学生向けにキャリア支援を行なっています。

 

(詳しい立ち上げた経緯はこちら→ 

【なぜ今の時代に学生団体STARSを立ち上げたのか】 - 大学生のプチ革命にっき

※昔に書いたので多少表現が尖っているかもしれません。)

 

実は組織も大きくなり、立ち上げ以来一番活発かもしれません(笑)

 

僕自身、組織論が大好きで、

続きを読む

史上最大のプチ革命

久しぶりにブログを書きます。

 

実は、

先月東証一部上場企業の内定を辞退し、

株式会社CRAZYに入社することを決めました。

 

その経緯を、今日は書きたいと思っています。

 

納得してしまっていた就職活動

6月に内定も決まり、働くことにとてもワクワクしていました。

 

当時の就職活動の軸は、

「人材レベル」「ミッション・ビジョンへの共感」「自分の強みが生かせるか」でした。

 

その軸で会社を数社見たのち、決断。

自分のやりたいことでもあり、成長も早い速度でできそうで、社会へのインパクトも大きい会社でした。

 

親も納得。

周りの友達も知っている人が多い。

社会人に言えば、いい会社だよね!おめでとう!と言われていました。

 

活躍するイメージもあり、熱く社会人生活をスタートする未来が描けていました。

 

本当に自分が大切にしたいこと

そんな中、大学生活最後の夏休みを使って1ヶ月間、CRAZYで自分の成長のためにインターンをしていました。

そしてそれをきっかけに、

もう一度自分の人生を見つめ直しました。

 

「一度きりの人生、どう生きたいんだろう」

「本当にこれでいいんだっけ?」

 

そんなことを問うていました。

 

 

少し話は変わりますが、

就職活動時代からずっと掲げているビジョンは、

「自分らしく輝ける人を増やす」です。

 

これは、自分の大切にしたい価値観の裏返し。

 

僕はまだまだ

世間の目や、

世の中の正解にどうしても左右されてしまう。

 

けど、それって、息が苦しいとも思う。

 

こうしておいたら正解とか、

逆にこれやったらダメとか。

 

できることなら、

何にも左右されず自由に生きたい。

 

“自分らしく輝いて生きたい”

 

これが僕の価値観。

 

そしてその価値観が、

CRAZYという会社に

引き寄せられていきました。

 

会社はただの集合体。

ひとりひとりが

意志を持って生きている。

 

そんな会社の価値観に共感しました。

 

 

「この会社なら、世の中の正解とかに縛られず、自由に自分らしく輝けるかもしれない」

 

そう思いました。

 

 

そして、内定辞退。新たな一歩。

そして、10月中旬に、CRAZYに決断しました。

 

 

もしかしたら社会的にみたら、あり得ない決断かもしれない。100人いたら99人は反対するかもしれない。

 

けれど、自分の心に素直になったとき

「CRAZYという道を掴みたい」

そう思いました。

 

もしかしたら、

初めて本当の意味で

自分らしい決断ができたのかもしれません。

 

社長に内定辞退の決断を報告した夜。

帰りの道で、涙が止まりませんでした。

 

社会的な何か大きなものに、

ちっぽけな自分が立ち向かうような怖さ。

 

一方で、社長に別れ際にぎゅっと握手をしてもらってもらった自分の将来への期待。

 

いろんな感情が詰まって出た涙。

 

 

確かに、自分の人生の歯車が動き出した瞬間でした。

 

 

最後に

今まで出会った人への感謝はしてもしきれません。

自分の人生は自分のものですが、一方でめちゃめちゃたくさんの期待を背負っている人生でもあるんだなと感じています。

だからこそ、まずは自分が、自分らしく、輝こうと思います

 

f:id:motoki-jpn:20171113213027j:plain

 

留学生のリアル就活体験談

10月12日に行われた、留学生に日本の就活事情を伝えるイベント「キャロウィン」

 

今回はそのイベントの後半である、就活のプロ坂東と、2018年卒の2名の留学生内定者とのトークセッションです。

 

前回記事はこちら

就活のプロが考える、日本の留学生のリアル事情 - 超・安定志向の学生のプチ革命にっき



 

留学生の日本企業の内定者とトークセッション

 

f:id:motoki-jpn:20171016155725j:plain

京都大学言語学科で、飲食系に行くインド人のマヌくんと、

九州産業大学で証券会社に行く中国人のトニーくん!

続きを読む

採用のプロが教える、留学生のための就活アドバイス

先日、僕が参加している株式会社ブレスカンパニーのインターン生のみんなと
日本で就職したい留学生を対象に、ハロウィンイベントを開催しました!

 

f:id:motoki-jpn:20171012212843j:plain

 

写真ではめっちゃハロウィンしていますが、TRICK or TREATをしたわけではなく・・・

続きを読む

なぜ僕が風呂上がりに化粧水を塗り始めたのか

☆なぜ女は見た目を磨くため化粧水やニベアを塗り、男は顔のケアをしている人が少ないのか

 

※この記事は一筆書きのため配慮が至らない点があることをご了承ください

 


結論から言うと、これは女性と男性の評価軸の違いに起因する。
女性が自分をブランディングしたい(≒人に認められたい)と思うときは、まず見た目を気にする必要がある。なぜなら、女性は可愛さや美しさ、顔のきれいさを見られるからだ。だからパックをするし、顔にニベアを塗り、外に出るときは化粧をする。
男性のブランディングの場合は顔のケアはそこまで必要ない。

それはなぜかと言うと、日本は男性と女性の判断軸が違うからであると言える。
女性に求めるのはまず最初に美しさ、それに対し男性に求めるのは経済力があるかどうか、つまり仕事で成果をきちんと出せるかどうか。だから、結果にこだわり仕事マンになってしまうのだ。顔のケアより仕事となるのだ。
ただ、最近は多様性を重んじるようになってきて、従来の固定観念から外れる人が出始めてきた。なので男性でもパックする人が出てくるようになった。
今後はそれに伴い男性はこれ、女性はこれという正解がなくなり(評価軸が多様化し)、「自分らしくブランディングする」ことが求められる。いわゆる個人の時代が来る。

 

これが、僕が夜に化粧水とニベアをしている理由である。

 

 

「女は男の目を騙し、男は女の耳を騙す」

という言葉がある。

これは、この事象を球体で例えた時に、僕の先ほどの記事が本質で、この言葉は表面の一面を上手い表現で痛烈に捉えたものと言える。

 

こんな物事の捉え方をしたり、考えたりするのが面白かったりする。

あってるのかどうかはわからない。けど、自分なりの解が出た時、とてもエキサイティングなのである。

 

今日も楽しいことしよう!

エアーズロックに登った!〜プチ革命〜

8月下旬で念願のオーストラリアのエアーズロックに行ってきました!

ケアンズエアーズロックシドニーの順に4泊7日、過去最高の旅。

 

そして今回の目玉は、なんといってもエアーズロックの登山ならぬ登岩!

 

今回はそのストーリーを綴ります。

 

 

 

エアーズロック到着

 

空港に到着!✈️

飛行機からエアーズロックが見えて、興奮したまま降り立ちました!

空港からホテルまでどうやって移動しよう、タクシーいるかなとか心配してたら、無料のシャトルバスがありました。一安心。

どうやら飛行機の時間に合わせているようで、レンタカーを借りる人以外はこれに乗っていました。

 

いざ、ホテルが集結するエアーズロックリゾート」へ!

 

全部で5つくらいホテルがある中で、僕のホテルは最終地点。

アウトバックイオニア ホテル。

 

ネットで調べたら20人部屋とか書いていてびびっていましたが、僕の部屋はちゃんと個室でした。ツアーないすぅ!

 

到着がまだ11時前で、チェックインが15時からだったので無理かなぁと思っていましたが、なぜかチェックインも準備完了だったみたいでできました!

前の人が早朝ツアーでチェックアウトしたからかな。

 

一息ついて、現地でオプショナルツアー申し込み。

色々パンフレットを探った結果、

サンライズツアー

サンセットツアー

ライトツアー

に申し込み。

 

ホテルからエアーズロックまでの送迎込みのツアーで、1往復49ドル。

サンセットツアーとサンライズツアーは絶対見たいと思っていたので、合計98ドル。

日本ツアーで申し込むよりは安いと思います!ただし現地なので日本人スタッフとかはいないですが。。。

 

1日目は、ホテル周辺をぶらぶらしてあれやこれや写真を撮りながら午後を過ごし、その後サンセットツアーを見に行きました。

※後に次の日の朝ごはんとしてスーパーマーケットで軽食を買っておけばよかったと後悔します。

これは綺麗にエアーズロックが見えるスポットまで連れていってもらうツアーです。

全ツアーが同じ時間に集結するので、人はかなり多いです。その中でいい位置を譲り合いながら陣取り写真を撮りました。

f:id:motoki-jpn:20170831112823j:image

 

戻ってきた後のディナーは、ライトツアーがあったのでさっとたべれるハンバーガーで。これまた美味しかった。

f:id:motoki-jpn:20170831112959j:image

 

 

そして、ライトツアーへ。

f:id:motoki-jpn:20170831113232j:imagef:id:motoki-jpn:20170831113249j:image

 きれいでした。iPhoneでもこれだけ綺麗に撮れるくらいに綺麗でした。

ただ寒すぎて、帰りの便が3つある中の一番早い便で帰りました。笑

日中のお日様のパワーで、夜光っているらしいです。

 

 

そしてしっかり睡眠をとって、サンライズに備えます。

 

 

サンライズツアーへ

まずは5:50集合で、綺麗に見えるスポットに移動。

f:id:motoki-jpn:20170831113906j:imagef:id:motoki-jpn:20170831113935j:image

 

じわじわと明るくなっていくエアーズロックが観察できました。

ちなみに、高台に人がたくさんいますが、下の道でも意外と綺麗に見えたりします。

 

 

そして!いよいよ!

登岩!!

 

八月でも確率は半々くらいらしく、風が吹いていたら登れないらしい。昨日は14時から開放されたらしく、早朝から登れるかは怪しいとのこと。

 

飛行機の時間上11:20にエアーズロックを去らなければならないので、なんとしても朝から登りたい!!

 

 

3つ選べて、半周コース、全周コース、登岩コース。半周コースや全周コースでバスを降りる人たちもいる中、大半は登岩コースへ。

 

 

しかし、、、

 

空いていませんでした😱

 

 

覚悟はしていましたが、、、

 

ショックを隠しきれないまま、とりあえず時間を有意義に過ごすためにも近くのカルチャセンターへ。

 

ここでアボリジニーの歴史を感じながら30分過ごし、

その後胸に期待を膨らませながら、登岩できるスポットまでお散歩。

f:id:motoki-jpn:20170901093948j:image

じわじわとエアーズロックまで近づいて行きます。

30分くらい歩いて、到着。

 

しかし

やはり、空いていない。。。

 

しょうがないと思い、気持ちを無理やり切り替えて、エアーズロックを散歩し始めました。

さすがエアーズロック。近場でみる感動…!!

f:id:motoki-jpn:20170831205654j:imagef:id:motoki-jpn:20170831205707j:imagef:id:motoki-jpn:20170831205748j:image

写真だとあまり伝わらないかもしれませんが、かなり壮大でした。

 

すると、どうやら僕とは反対方向に移動するツアーの人たちが…

 

もしや、これはOpenしたかもしれない🤔

 

そう思って引き返すと!

 

登っている人たちが!!

 

 

なんとかギリギリ滑り込みで、途中までなら登ることはできそうです!

すでにバスの時間まであと45分…!!

 

急いで登りました!!

 

f:id:motoki-jpn:20170831210202j:imagef:id:motoki-jpn:20170831210227j:image

最高です。鎖の手前まで登りました。

しかし、急すぎませんかね、エアーズロック。。。

f:id:motoki-jpn:20170831210300j:image

この断崖絶壁感。

45度はありました。やばすぎる。

 

登るのはまだいいとして、降りるのが怖すぎました。。。

 

Adidasのスタンスミスで行ってたのですが、結構滑って危険でした。

 

今回途中までだったぶん、悔しさが残りました。

次は登る!!リベンジ!!

次は、ちゃんとした運動靴をはいて、必ずリベンジします。

確実に登りたいなら二泊三日がいいですね。あと、8月末(冬)の時期だったのでハエはそんなにいませんでした。ハエよけネットは不要。

 

気温は朝は12月くらい冷え込みますが、日が出て少し経つとかなり暖かくなり、日中は半袖でも大丈夫です。ただ、風が強いので半袖の人はあまりいませんでした。夜は厚手のパーカーくらいがちょうどいいです。

 

残り大学生活半年間のギアをさらに上げるパワーをもらいました。

さすが地球のおへそ🌍

僕の中でちょっとしたプチ革命。

今までで一番いい旅となりました😉

f:id:motoki-jpn:20170901110154j:image

キンコン西野が究極の焦らしプレイヤーな件

最近キンコン西野さんにハマっているというのは前回のブログでも書いた。

前回のブログはこちら

motoki-edu.hatenablog.jp

 

究極のステマソング「STAY MY LOVE」もボイパ付きでカバーした。

www.youtube.com

 

そして、クラファンで講演会に呼べる権利も獲得。

f:id:motoki-jpn:20170820105745j:plain

 

そして、クラファンページも立てて、下書き保存していつでも打ち出せるようにしている!!!!

camp-fire.jp

 

 

そして、日程を確定させて、会場を予約して、広報をし始めたい!!!!

 

そんなこんなで、

西野さんのメッセンジャーで連絡!!

 

・・・しかし返信なし

 

 

Campfireのメッセージでも連絡!!!!

 

 

・・・しかし返信なし

 

こうなったら!と、よしもとに連絡!!!

 

 

すると、

f:id:motoki-jpn:20170820110101p:plain

 

んーなるほど。

 

この焦らす感じ、さすが西野さん、エンターテイナーである。

 

 

そんなこんなで、究極の焦らしプレイを食らっているのである。

 

 

 

そういえば、革命のファンファーレが10月に発売する。

 

これは待ち遠しい。早く読みたい。

 

 

なんならいっそのこと原稿とかもらって、先に読んで、レビューとかしちゃいたい(ステマラブなので)

 

 

ちまたでは原稿をもらっている人がもう既に何人かいるよう・・・。

 

 

しかし、西野さん愛はその人たちにも劣っていないという自負はある。

 

 

 

 

ストレートに言います。

 

原稿ください!!!